介護業界で利用できる介護食レシピや介護保険請求ソフト

ASP型の登場

レシピノート

介護保険請求ソフトは今や介護現場で欠かせない存在となっていますが、昔は数百万円もするとても高価なもので、簡単に手の出せる存在ではありませんでした。しかし今は、インターネットを利用したASP型の登場により、月額数千円の低料金で利用することができるようになりました。ASP型の場合、コスト面が安いだけでなく、複数のパソコンで使用できたり、法改正時のバージョンアップの手間や費用を削減することができるなどメリットが多いため、小規模な事業所に限らず、さまざまな事業所で導入されています。また、無料体験版を使用することができるため、使い勝手を試してみてから実際にソフトを導入するかどうかを決めることができます。

昔と比べて利用しやすくなった介護保険請求ソフトですが、課題や改善点はあります。料金面で利用しやすくなった介護保険請求ソフトですが、これからの時代に必要とされる介護保険請求ソフトは、パソコンやソフトの利用が苦手な人でも利用しやすいサービスが必要とされます。介護現場で働く人は年配の方が多いため、パソコンの使用が苦手な人も少なくありません。そのような人にとって使いやすい介護保険請求ソフトにするためには、操作性はもちろん、サポート体制の充実性が求められます。ソフトの操作性が簡潔であったり、トラブルにも24時間対応してくれるサポート体制が整っていれば、介護保険請求ソフトを快適に使い続けることができます。